2015年09月14日

ノリノリ楽観主義、マット・リドレー『繁栄』

最近マッドマックスシリーズの新作がでて話題になってるっすね。
第一回は1979年。この時には石油枯渇が文明滅亡の象徴になってて、モヒカンの荒くれどもが石油をめぐってヒャッハーしてたらしいっすね(よくしらべてもるとこれは1981年のマッドマックス2らしい)
最新作では流石に石油枯渇はリアリティがないと思ったのか、核戦争で荒廃した世界ってことになってるし、マッドマックスにインスパイアを受けた北斗の拳もキーポイントは核戦争だったような。

という感じで時は世紀末っていう表現も時代時代によって移り変わっていくんだけど、そうするとじゃああと10年で石油はなくなるっていう話はどうなったんだよっていうツッコミをする人がよく出てくるんだけど、その匂いをプンプン感じるのが今回読んだ『繁栄』

人類10万年史というタイトルに惹かれて見てみたらジャケットが。上下巻とも。アラマー。(中身はとても真面目な本です)


続きを読む
posted by LoyalTouch at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする