2016年06月12日

Redmineいじって思ったRubyの遺産的課題

Redmine便利ですよね。会社でも使ってるけど家で一人プログラミングしてるときも前何やってたっけって時に的確に思い出せるし半年前に作ってほっぽったソースコードに一人ツッコミ(コードレビュー)できるし。ってこんなことしてるの俺だけかな。

そうそうコードレビューといえばRedmineにはレビューにとっても便利なプラグインがあるんですよ

Redmine Code Review plugin

リポジトリに入ったソースにコメント入れるとかってにそういうチケットが作られて、FIXすると同時にチケットがクローズされるやつ。
githubのプルリクエストみたいでまじ便利。こういうの会社のチーム開発でも使ってみたいわー。
今プロセスが厳密に決められてて無理だけど。
screenshot.2.jpg
そう、こんな便利プラグインをどしどし追加できるのがRedmineの魅力だ。
そんで、今回はこんなの会社で導入できたら素敵だろうなーっていうプラグインを自分の家でお試ししたくて、
スクラム開発に便利と噂のプラグイン、Redmine Backlogsを入れようとした


んだが、その時の苦戦の経過とRubyに対して気づいた多少の文句を記録しておく。つまりこの記事は単なる愚痴だ。


続きを読む
タグ:Rails ruby redmine
posted by LoyalTouch at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする