2016年07月22日

plantumlでredmineに図を挿入

昔UMLは使えねえっていう話をしたと思うんですね


今でも何でもかんでもUMLで書くのはおかしいとは思ってるんだけど、まあそれでもシーケンス図と状態遷移図だけは認めてやってもいいし、
if分がいくつもガチャガチャ続く場合はどうしてもフローチャートはほしい。フローチャートとアクティビティ図はほぼ等価だと思うんで、
ひとつのコンポーネント入れるだけでシーケンス図も状態遷移図もアクティビティ図も書けるんならまあ使ってもいいかなくらいに思ってきた。
適材適所ですな。

でもastahでいちいち図を描くのは面倒だしあれ起動むっちゃ遅い、しかもテキストデータじゃないから差分管理面倒くさいということで
すこし敬遠してた部分もあったんだけど、テキストでUML起こせるツールがあったんですね。しかもredmineと連携もできる。
今回はこのツール、plantumlをredmineと連携させて、設計資料を充実させようというお話。


続きを読む
posted by LoyalTouch at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする