2016年11月04日

サブタイトルなしでは検索不可!『周―理想化された古代王朝』

♪殷周東周春秋戦国〜(アルプス一万尺のメロディで)
で覚える中国の王朝。今も覚えてるわ〜
今回読んだ本はその歌の2番目に出てくる古代中国の国家「周」の通史
周―理想化された古代王朝 (中公新書) -
周―理想化された古代王朝 (中公新書) -

周の後半の春秋戦国時代は孔子がいたり逸話がいっぱいあったり
周の最初期は漫画にもなった封神演義で有名なんだけど、
この本はその中間、語られることが特に少ない西周の時代について紙幅を多く割いているので大変興味深い
ちなみに同時代に対する俺の認識はこんなもん。

screenshot.14.png

まあみんなだいたい同じ感じじゃね?(ジャンプ脳)

この時代になると歴史書(同書で伝世文献と呼ばれる)の記載が少なくなってくるので、この本では金文などの同時代に書かれた記録などを大量に引用して補足している。これ、今まであんまりみたことがなかったんですっげぇ面白かったんですよ。
そう金文な。濃密金石文という名前のブログを2006/02/22から10年半続けてるんだけど、ここにきて初めて金文なんてものを取り扱うことになりました。すげぇや!なんでこんなブログ名にしたんだよ!(答え:適当)


続きを読む
posted by LoyalTouch at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする