2017年03月31日

家族を見れば世界がわかる?エマニュエル・トッド『世界の多様性』

日本人は世界から日本がどのように見られてるかが気になる、というのはよく聞く話だけど、西欧北米の人はなぜ西欧北米は今のように先進地域になったかっていうのを語るのが好きなような気がする。まあみんな自分語りが好きなんだよな。
ハンチントンは宗教が背景にあると言った。ジャレドは大陸が東西南北どちらに長いかで決まると言った。今回読んだトッドは家族形態にあるといっている。どれなんだよとは思うけどこれっていう正解はないから世界の色んな頭いい人がいろんなこと言うんだろ。

今回読んだ『世界の多様性』は、冷戦終結の83〜84年に刊行された『第三惑星』『世界の幼少期』をまとめた本だ。というわけで今まで書評記事で上げた本に比べて20〜30年ほど古い。


正直最新の議論とはいい難い。んだけど、世界の家族形態を総覧するカタログとして見る分にしても面白いし、冷戦時代の世界情勢の空気を見渡すのにもいい感じだしで参考にするには悪くないと思う。



続きを読む
posted by LoyalTouch at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする