2009年12月22日

最後の魔法3つ、テレポート・アルケミア・テンペスト

5つの宝島開発当初から魔法・道具はすべて定義済みだった。
道具はだいたいすでに5-2までで登場済みなんだけど、魔法は10数個しかないのにまだ3個登場させてないものがある。
 
 
出し惜しみしすぎたかな?出てない魔法は以下の3つだ。

  • テレポート 直前にいた場所に瞬間移動する魔法。もう一回使うと一回前にテレポートした場所に戻る
  • アルケミア 敵1体を金塊に変えて即死させる。魔法抵抗とは個別の抵抗率を設定する予定
  • テンペスト 無属性の全体攻撃魔法。ウーレベ…で封印できない

こいつらの出番をどこかで考えてあげなきゃ。

移動魔法は最後の魔法

ドラクエもFFも最近は移動魔法がかなり序盤からでてきたと思うんだけど、5つの宝島ではかなり終盤にならないと出ないようにしている。これは、別に難易度をあげたかったわけでもなんでもなく、移動先をどうさだめたらいいかわからなかっただけなんだ。

たとえばドラクエのルーラなら行ったことのある町に自動的に飛ぶんだけど、5つの宝島では町なんてものはなく(4-2あたりがそれに相当する?)ただダンジョンが続いているだけだ。FFのテレポもダンジョンから脱出する魔法なんだけど、そもそもフィールド全体がダンジョンなんだからそういう実装も無理。Wizのマロールは座標を指定して任意の場所に飛ぶんだけどそれは筏システムがあるから、重複ちゃうしなぁ。

などと考えていたんだけど、今やっと移動魔法の活躍場所ができた。5面は空中面なので、筏で移動できるような場所でもなさそうだったから船着場を設置しなかったんだけど、それだと最終面から他の1〜4の島に簡単に移動できる手段がないんだ。
ていうか4-4から5-1には虹の橋でワープしてきたので、帰り道が事実上存在しない・・・
という自体を避けるため、5-3まで面を進めたらテレポートの魔法で適当なところにワープできるようにしようと思いついた。これなら帰り道に心配しなくてもいいね!

最強攻撃魔法を考える

最後の魔法、テンペストも最終面あたりで覚えるようにしようかな、と考えている。敵全体に強力なダメージを与える上に、炎無効化が効かず、しかもウーレベ…で封印することもできない。イオナズンやらフレアやらに相当する。

最終面で覚えるのもいいんだけど、せっかくの超高位魔法だから島各地に潜んでいる魔法の碑文を全て読むと覚えるようなシステムにしてもいいかな、と考えている。
テレポートもあるし、いろいろワープして碑文を集めるのも楽しいでしょう。

ボーナス魔法としてのアルケミア

さて、最後に残った魔法アルケミア。こいつは2週目用というか、遊び要素で加えてみようかと思った魔法で、ゲーム開発当初から考えていたものだ。
5つの宝島のコンセプトとして、敵を倒したら経験点は入るけどお金は入らないというのがあったかと思う。
この制約のおかげで宝物の発見にかなり重点が置かれるし、仲間の経験点=お金のシステムである5つの宝島に、どのキャラを育てるかという戦略性を加えることができるんだけど、この魔法は制約を解除して、敵をアルケミアで止めさしたらその分無限にお金が入ってしまうようにしているのだ。
相当なゲームバランス破壊魔法だと思うけど、どうせ2週目で遊ぶ場合ゲームバランスを破壊してもゲームを調べつくしたいと思うものじゃないかと俺は考えるので、アリじゃないかな・・・

こいつはエンディングの後のおまけ情報で、入手の仕方を教えるような感じにしようかとおもうけど、さてどんな入手方法が面白いやら・・・

魔法とキャラクターについて

テンペストみたいな強力な攻撃魔法とであったとき、金紗叉がどんな反応を示すか、とか考えるのも楽しくなってきたなあ。魔法を熟知している分、恐れるのだろうか。それとも魔法オタクの才能を存分に発揮して、心底楽しんでしまうんだろうか。自分で作ったキャラクターをどう描写しようかと悩むのも、ゲーム作成の楽しみの一つだよな。

posted by LoyalTouch at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 5つの宝島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136285754

この記事へのトラックバック