2010年08月09日

フレイザー「金枝篇」読み始める。

ファンタジーの世界観の想像力を補強するため、神話・民俗学の初歩のテキストをちょろちょろ読む。
ひとまず有名所としてフレイザーの金枝篇を読む。全篇は膨大でつらいので、多分簡約版を読んでると思われる。

http://www.amazon.co.jp/%E5%88%9D%E7%89%88-%E9%87%91%E6%9E%9D%E7%AF%87%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC/dp/4480087370

現在100ページほど読み進めてみたけど、ひとまず蛮人とか未開とかそんな単語ばんばん出てくるし、明らかに未開社会見下してる感が溢れててロックだ。この時代はみんなこんな感じなのかな?

とりあえず雨乞い失敗したからって殺される王様が不憫だ。意外と厳しい仕事だな王様。
posted by LoyalTouch at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158903261

この記事へのトラックバック