2012年02月04日

attachment_fuのインストール

rails3の推奨添付ファイルプラグインとして知られるattachment_fu。有名にもかかわらず、インストール方法が結構めんどくさい、というか完全な情報がないので、自分のための備忘録としてココに残すこととする。
 
ImageMagickのインストール

利用するのに色々前提が必要なんだコレ。とりあえず、画像を拡大したり縮小したりするネイティブライブラリ、ImageMagickのインストールが必要。

sudo aptitude install imagemagick libmagick9-dev

ubuntuでImageMagickのライブラリをインストールするには、「libmagick9-dev」だそうな

http://d.hatena.ne.jp/InoHiro/20100926/1285525501

RMagickのインストール

続いて、ImageMagickのrubyラッパー、RMagickをインストールする。sqlite3におけるsqlite3-rubyだな。
こいつはgemなので、GemFileファイルの末尾にこんなふうに書いて

gem 'rmagick', '= 2.12'

bundleコマンド実行!でインストールできる。注意点として、ImageMagickのバージョンとRMagickのライブラリのバージョンは一致させなくてはいけないんだそうな。バージョンが間違うとまず動かないとか・・・
ちょっとよくわからなくて怖いんだけど、ひとまず↓のサイトで2.12がいいってかいてあったからそうした。間違ったら入れなおす

http://d.hatena.ne.jp/InoHiro/20100926/1285525501

attachment_fuのインストール

ふぅふぅ、長かった。これでやっとattachment_fuのインストールができるよ。
でも、グーグル先生で一番最初に引っかかる↓のwikiの手順ではいまいちうまくいかない・・・

http://www13.atwiki.jp/maimuzo/pages/29.html

なにやら、もうすでにsvn.techno-weenie.netのサイトがないらしい。それどうすんだよ!!

で、冷静になってattachment_fuをもうすこしグーグル先生に見てもらったら、Githubのサイトを発見。
http://svn.techno-weenie.net/projects/plugins/attachment_fu/
のかわりに
git://github.com/technoweenie/attachment_fu.git
を指定してやったら、なんかうまくいったっぽい。

bundle exec rails plugin install git://github.com/technoweenie/attachment_fu.git
さて、つぎは実際に適用して実行する段だけど、うまくいくんだろうか・・
タグ:Rails
posted by LoyalTouch at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Webプログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250446124

この記事へのトラックバック