2012年09月30日

Androidでダンジョンゲーム、UIはどうする?

この前、5つの宝島はiアプリで作っていたけど今作るとするとAndroidだと思うなあ。
次のダンジョンスペシャルはAndroidゲームだ!と思ったんだけど、ちょっと思うことが。
  
ボタンなくね?

俺、スマホって基本的にガラケーより色々劣化してると考えてるんだけど、その中でも特に劣化したと思うのが物理キーが超少なくなってるっていう事実。
電話するのもメールするのも余計に神経を使う。更に、コレでゲームを作ろうと思うと、画面上に自力でソフトキーを作らなきゃいけないんじゃない?OH、ダルすぎだよ・・・

一応enchant.jsみたいなライブラリ使えばソフトキーは作れるんだけど、そもそもスマホに向いていない十字キー操作を画面上で再現したものなんでやっぱ結構余計に神経使うよね?これ、もっと親切にしたい

代替手段は?

じゃあスマホに向いている操作とは?っていうと、画面上を指でスライドさせるスワイプ(もしくはフリック)、画面上を指でポンと押すタップ、タップのオプション操作である長押し、みたいなもんだろう。ここらへん、Android SDKにはすでに色々と準備されているようだ。

それがGestureDetectorクラス。まだしっかり動作を調べてないけど、以下のイベントが補足できるらしい。

  • onDown→単に押した
  • onShowPress→押した後移動しようとしている
  • onSingleTapUp→タップ
  • onScroll→スクロール
  • onLongPress→長押し
  • onFling→スワイプ

これだけ検知できるんなら、何かと利用できそう・・・

ダンジョンゲームって何が出来ればいい?

ダンジョンの探索に必要な操作といえば、前進右を向く左を向くの3つくらいでしょう。この他、一気に後ろを向く平行移動(視点を変えず、左・右・後ろに行く)なんかのオプション的な操作は基本操作に含まなくてもいいので、画面上のどっか特定の箇所をタップでもいいような気はする。

ここらへんを素直にプロットすると

  • 前進→長押し。長押しし続けると障害物や扉に阻まれるまで前に歩き続ける
  • 右を向く→右にスワイプ
  • 左を向く→左にスワイプ

でなんとかなりそう。
ちなみに、俺の愛してやまないファミコン版ウィザードリーでは、前進扉を開けるは別の操作だった。扉を開ける操作は必ず一歩前に進むだけで、長押ししても前進し続けない。一方前進の操作はボタンを長押しするとそのまま歩く。

これを実現するためには

  • 扉を開ける→扉の画像部分をタップ

という操作を加えればいい。ちなみに、画面上の任意の箇所をタップすると調べる操作ができるようにして、アドベンチャーゲーム要素を作ってもいいよね。なんかそういうのも楽しいよね。

あとはあとは、昔のアドベンチャーゲームみたいに、任意の文字列を入力しないと進まない謎解きがあるってのもいいよね。
「たたく スイッチ」 とか。色々構想できるなー。
posted by LoyalTouch at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンジョンスペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック