2013年01月26日

AndroidのRPG、ヒュプノノーツやってみた

なんかどっかで宣伝してたからやってみた。
まだ一番最初のフェーズなんだけど、俺の大好きな雰囲気ゲームだし、操作感がよかった。

どんなゲーム?

舞台は中世ヨーロッパとかではなく、現代の日本。主人公は限りなくあなたに近い存在で、名前を入力することが可能。
ある日見知らぬ届け元から枕のようなお届け物が来て、それを使うと夢のなかで少年時代に戻り、冒険を始める・・・という。

まだ序盤だから展開がわからないんだけど
敵やイベントが「ニンジンが食べれるようになる」とか「滑り台が滑れるようになる」とかなんだよね。
で、やたらに進むとむちゃくちゃ強い敵が出てくるので、少しずつ戻ったりしながら経験をためて強くなるという。
いい雰囲気だな〜〜〜〜

こう、RPGの経験値と成長って部分と、少年時代ってすごく相性いいよね。
子供の頃ちょっとしたことで嬉しかったり怖かったりしたの思い出すわ〜〜

システムは?

ものすごいシンプル。マップが特にあるわけでなく、進むと戻るがあるだけ。イベントはランダムエンカウント。
背景は現状のところ基本真っ白だらけ。主人公も敵も常に1対1で戦う。
フリー版で遊んでるので、画像はごくわずか。こんなでも、というかこれだからこそ雰囲気が生きてくるんだよな。

本当に夢のなかで少年時代を思い出しているような気分。この手の気分、いいわー。

Androidとしての特徴は?

わりと参考になったのが以下

  • ボタンは大きく、画面端に散らす
    指で押すという性質上、連なったリストにするとすげー押しづらいんだよね。画面端に3つか4つくらいの押すポイントを設けるという方法のほうがユーザーにやさしいかも
  • 背景が全画面である必要はない
    なんとなくアドベンチャーゲームやウィザードリーの記憶があって、キャラや背景は全画面で描画するものという固定観念があったけど、このゲームした半分が情報と操作パネルだったけど、ソレが特にきになることはなかった。
    やっぱり操作部分は指で押すという性質上、あんまり重要な画像を書き込むのには向いてないのかも
 
というわけでかなりお気に入りのゲームとなっております。
posted by LoyalTouch at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316308386

この記事へのトラックバック