2013年07月16日

イーサネットコンバーター越しでのwolに成功

同じ部屋にあったubuntu入りの鼻毛鯖がでかくてじゃまだったので別の部屋に移動したんだけど、有線LANを別の部屋まで伸ばすのが面倒で。
イーサネットコンバーターをかまして無線化したんですよ。
で、しばらく快適に使ってたんだけど、ふとサーバー停止・起動をしたくなった気づいた。

あれ、今までやってたwolが使えないんじゃないの・・・

そう、今までも鼻毛鯖がでかいから、部屋の奥隅に追いやって電源つけるときはwolで起動してたんだけど、LANを無線化したらその仕組が動かなくなるんじゃないか・・・
と、思って試してみたら、実際動かない。

調べ方

パケットが届いてるかどうかっていうのを見るのは、linuxではtcpdumpというコマンドを使うらしい。

sudo tcpdump proto udp

tcpdumpという名前なのにudpが捕捉できるとはこれいかに。
ま、細かいことは考えないとして、実際にudpを捕捉してみると、たしかに有線LANからマジックパケット飛ばすとうまく届くんだけど、イーサネットコンバーターをかますと届いてくれない。

なんでだろ

ここでひとまず考えた。ブロードキャストアドレスが広すぎるんじゃないか。

wolの宛先を255.255.255.255にしてたからルータ(あるいはイーサネットコンバーター側)がフィルタしたんであって、
192.168.1.255にしたらいいんじゃないの?
って安易に考えてやったら・・・・

うまくいきましたよ

わーい、ちゃんとwol起動したーーー

でも、これってどこかに設定あるはずだよなー。ルータかイーサネットコンバーターにパケットをフィルタするっていう設定があるに違いない。ココらへんの仕組みがわからないと、他のルータ買った時に大ハマリしそうだ・・・
ネットワーク関係は奥が深いなあ。
posted by LoyalTouch at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック