2014年03月02日

Mt.Goxが破綻した今、monacoinに手を出してみる

完全に自爆コースじゃん・・・!

っていうツッコミが入りそうだけど、いや、今までのクリエーター活動考えて今やるならコレだ!って思ったからなんだ・・・
  
何でこんなタイミングで仮想通貨なんかに興味もったのよ


なんでだろうね?いや、Mt.Goxのニュース見て、ビットコインをちょっと調べてみたのよ。
するとどうだ、ビットコインの仕組み自体は非常に面白いの。

あれは仮想通貨というより、仮想手形。手形の裏書代わりにハッシュ値に取引の履歴を追加していって、
最終的にあるハッシュ値を誰が(どのIDが)所有権を保持しているかっていうのを通貨として使っているという仕組みらしい。

あ、今のは現在の俺の理解だからおかしな説明あるかもしれないけど勘弁な。

こんな得体のしれないもの通貨の代わりになるのかよ、って思うけど、
そもそも通貨ってもの自体得体のしれないものだったわ。

俺らは何で日本銀行券やら銅やニッケルのかけらやらを貯めこんで消費してるかって言うと、
それをつかって他の財やサービスが受け取れるからなんだよね。
これがいくら実体がある交換財で実績があっても、ヤマザキ春のパン祭りシールだったら交換先が白いボウルしかなくて、
それはそれでほしいけどボウルもらったらもう価値ないじゃん。
つまり通貨っていうのは交換先にバリエーションがやたらに豊富にあれば、なんの裏付けがなくても使えるものなわけだ。

こういう通貨の真の価値を最も端的に表現したのが仮想通貨なわけだ。電子マネーより更にすげぇ。
そんな時代の最先端を直に味わってみたい!!っていう動機があった。

でもビットコインは怖い


で、今一番流通している仮想通貨といえばビットコイン。ピザが買えたりいろいろ使えるらしい。
ただお試しで通貨を扱ってみたいぜ!っていうノリで扱うには、ビットコインはあまりにもドロドロ実世界にまみれてしまっていた・・・
ちょっと調べただけで

  • 麻薬組織のマネーロンダリングに使われてた
  • キプロスから資金逃避するために使われてた
  • 人民元以外の預金先と投機先に使われてた
 
とかそんな情報ばっかだし、今から通貨を使おうにも新規にハッシュ値を取るのは不可能な感じで、
現実の通貨から両替しなきゃいけないようだし、しかも今すごく高い

つまり、プロの人たちの遊び場になっちゃて、どうにも手軽に手を出せないみたいなんだ。

じゃあ俺が今手を出せそうなもの、何かない?って調べてみたところ、
この手のヤツの2ch文化クローンが早速見つかりました。それがmonacoin。

monacoinはどうやって使われてるの?

今のところ何にも交換できないらしく、ニコニコとかの投げ銭替りに使われてるみたい。
数量が決まっているfacebookのいいねのかわりくらいの使い勝手かな?
平和っすよね!こういうのが欲しかったんだ。

俺もしょぼしょぼと絵を描いたりプログラムしたり、もう一個ゲームつくろう・・・とか画策している
同人クリエイターの端っこの席にいる存在なんだけど
他の同趣味人でコレは継続してほしいと思うサービスがあったら、寄付のかわりに気軽に使えるんじゃないかと
思ったわけだ。主にフリーソフトとかゲームの素材とかそういう奴!

いきなり現金を受け渡しするのはなんか重いし、そういう文化圏は生理的に何か好きじゃないしなあ
(今Androidのゲームは少額の料金を取るものが増えていて、別に否定はしないんだけど
 俺はそこには参加したくないなあとか思う気持ちもある。なんでイヤなのかイマイチ言語化できないけど)
ただ、仮想通貨ならちょっと気軽にやりとりしてもいいなあ。

早速使う環境をつくろう!

というわけで、これからmonacoinの財布を作って、何かしらやりとりしてみたいと思います!
でもいきなり現金ぶっこんで変なウィルス食らうのもイヤなんで、仮想通貨なら仮想環境下で使います!
まずはvagrantでmonacoin用の環境作るところからかな・・・
posted by LoyalTouch at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390300412

この記事へのトラックバック