2015年06月19日

日本版リメイク版死の罠の地下迷宮がついにリビングストンに知られてしまう

リビングストン、怒ってる?(あまりいい印象は持ってない模様)

まあ、そりゃそうだな。

それにしてもホビージャパンのリメイクってなんで萌え絵を使うんだろう。それも海外のごっついやつのリメイクを。
萌え絵ならエニックスのドラクエのやつとかの方が合ってる気がするんだけど、そいつは出さないのか。権利をエニックスが持ってるからか。
創土社のは結構落ち着いてる感じなんだけどー。ああ、ただパンタクルは何か変だ。何だあの落ち着かない感じの表紙。



ただ思うに、絵柄がアニメ調になったのは時代の要請であって、あの表紙の水着みたいな武装で戦ってるお姉ちゃんはアレ昔からファンタジーではあんな服装だったように思える。
今ではビキニアーマーとかいう専用の名前がついているけど、アメリカ産のファンタジーやらその前進であるSF作品って、お姉ちゃんは無駄に裸だよね?絵柄がアメコミ調かアニメ調かの違いだと思う。

というより最近は貴婦人が着るようなドレスに鎧をつけたようなものが流行ってて、アレはアレで何だ?と思う
スカートは動きづらくないかね。

俺が見た感じ初出はサムスピのシャルロットなんだけど。こっちの歴史は誰か辿らないか。
ラベル:ゲームブック
posted by LoyalTouch at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック