2016年10月21日

時代劇だヨ全員集合

近頃こんな話がありましてのう

「23世紀の『時代劇』は「あさま山荘事件をスマホで撮影」とか出てくるぞ」〜時代感覚の風化と変化について

「大岡越前と遠山の金さんは100年位離れてる」って資料にあって、あれ?そのくらい違いが有るんだっけ、時代劇って案外考証適当だなって思ってふと調べてみると予想以上に適当だった。
だいたい追記以下のようなかんじ。
※でかい画像出てくるんで注意


screenshot.12.png 
面白そうだから、同時代のアメリカやヨーロッパを舞台にしたフィクションも並べてみたけどコレ。
細かいところは目をつぶってだいたい10年単位で区切ってみた。
三銃士がポワロになるあたりまでず〜っとおんなじ時代劇のセットで撮影してるんだから、相当適当だったわ。すんげー。
とはいえ実際この時代アメリカヨーロッパが激動過ぎて、安定した日本が比較して進歩してないようにも思える。
以降それぞれ調べてて面白かったことを羅列してみよう。

江戸初期 シグルイはやっぱり狂ってた

駿河城御前試合ってシグルイの原作ね。江戸時代最初〜綱吉の生類憐れみの令までは戦国時代の続きで、まだみんなの倫理観が修羅の国だった頃なんで
シグルイがあんなに狂っててもヘーキヘーキ。むしろ上下関係が少し厳しすぎない?
戦国の世の倫理観なら虎眼先生愛想笑いなんてしないで殿中で発狂しまくるでしょ。
なお殿中でおもいだしたけど忠臣蔵は更に時代が70年ほどくだって1700年くらい。そりゃ戦国の意識で暴れまわってたらお家取り潰されますわ。

ちなみにこの時代アメリカではなにやってたかっていうと、東部にやっとヨーロッパ人が住み着くか住み着かないかの瀬戸際で
ポカホンタスさんがスミスにトウモロコシあげてたり結婚してみたりしてましたね。あとヨーロッパでは三銃士。気に入らないことがあったらレイピアで決闘してみたりとかここらへんシグルイと倫理観変わらねーな。

1700年代がみんなの知ってる時代劇の時代?

徳川光圀の隠居が1690年、その2〜30年後に徳川吉宗が将軍について、その下で町奉行の大岡越前守が活躍する。って感じなので
だいたいこのあたりに有名時代劇がバンバンでてくるわー。さっき言ってた忠臣蔵もここらへん。
この時代くらいになると頭にくることがあってもすぐ刀を抜くのはいけないという思想が人々に浸透しだしてきて、
困ったらちゃんと大岡裁きを受けるようになったようだ。これにて一件落着。

同時代のアメリカは海賊黄金期!パイレーツ・オブ・カリビアンとかがこのあたりだね〜。
ワンピースでなぜか刀持ちのサムライ出てきてなんだこれとか思ったけどあれ時代的には合ってたのか。
まだレイピアでチャンバラしてる雰囲気があるな。一部銃も使ってるけど。

1800年初頭、そろそろ欧米が動き出す!

1775〜1783、アメリカ独立戦争 1787 フランス革命。このあたりから欧米の雰囲気ががらっと変わる。イギリスの産業革命もこの辺。
そう、フランス革命ですよベルばらですよ。スープの具が少ないってだけで眼を真っ白にして驚く絵面が人気の魂の濃ゆいアレですが、
もういい加減みんな刀なんか振ってないで銃つかってるし何でもかんでも決闘で解決してないでしょ。
そのかわり裁判終わったら何でもかんでもギロチンだけどさ。

この頃日本は鬼平犯科帳だよ。やること変わってねえなあ!
posted by LoyalTouch at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442986815

この記事へのトラックバック