2017年01月20日

Github Atom Web開発にはいいかも?

xyzzyとgitとwebブラウザなど、各種ツールを個別に使いながら色々開発やってきたんだけど、webのあちらこちらからgithubの提供するAtomがいいよという話が聞こえてきて、とっても気になる
数ヶ月前にRedcarと一緒に新しいテキストエディタ使ってみるか、って記事書いてお試しで使ってたんだけど
そんなにいいなら本格的に運用してみようかと思って、色々いじってみたんで
今回はその成果について書いてみようと思う



まずは環境設定

昨今の流行りのテキストエディタにならって、色々な拡張機能をインストールできるようになっているのがAtomの特長
こいつは拡張機能で日本語メニューをインストールしなきゃそもそも日本語化すらできやしないという徹底ぶり

拡張機能は専用メニューでインストールできる。
ファイル→環境設定→インストール から、パッケージのインストールという名前で選択ができるので、
ひとまずこいつらをインストールしてみた

  • japanese-menu : メニューの日本語化。ストレスを溜めないために必須
  • language-plantuml および plantuml-viewer : テキストでuml書いてお手軽プレビューするのに便利
  • atom-html-preview : その名の通りhtmlをプレビューできる。内蔵ブラウザ使うので単品で動く!
  • git-plus : gitコマンドをatomから直接打てるやつ。なんで基本機能のこれが入ってないgithub謹製さん・・・

ってな感じで大体Web開発に必要な基本的なものを集めてみた

ああ、そうそう、俺インストール版がきらいなんでポータブル版をインストールしてる
これしないと勝手にユーザープロファイル配下の.atomみたいなところに設定作られるので。なんとかしてくれないかなこの所業

使ってみて

初回起動時にはパッケージの幾つかが有効になっていないようで、いきなり英語メニューが出てきて面食らう。
ただしこれは1秒もたたないうちに日本語になるので問題ナシ
ちなみにスニペット機能はかなり快適
htmlとか打ってタブキー押したら勝手に定型句が出るという、前回お試しで使った時にも言及したやつなんだけど
実際これでいくつかhtmlファイル作成してみると、<キーとか/キーとか押して勝手に補完されるよりも
意図的に補完するから気持楽ですね。俺の意図したとおりに動け!勝手に動くな!と常々思っているもんで。

あと、プレビューが便利。htmlにしろplantumlにしろ、書いたら右のペインにグラフィカルなプレビューが出る
これ、純テキストエディタであるxyzzyにはない操作感なんでとってもストレスフリー。
少なくともWeb開発の際はこっちに乗り換えようかな、とだんだん思い始めてきている。

課題

ただ、不満というか不安点もないわけではない。
純粋にテキストエディタとして使う分には、まだまだ重いらしい。
10万行のテキストファイルを読み込んだらフリーズしたとのこと


おいおい、そういうのEXCELで開けないから最終手段として開く、っていうのがテキストエディタの使命だろ
って思うんだけど、ここまでくるとテキストエディタというよりちょっと機能が少ないIDEなのかもしれない。

あ、それなら普通にIDE使えばいいんじゃない
って思うよね。まあそれはある。でもIDE開くほど重くない、テキストエディタで処理するには機能が足りない
みたいな仕事をするには、ちょうどいいんじゃないかな・・・

使い所難しいっすね。
posted by LoyalTouch at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クライアントサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446115280

この記事へのトラックバック