2017年02月24日

今更!SKK導入

世の中SublimeTextとかAtomらしいんだけど、未だに俺のパソコンはxyzzyが頑張ってます。

さて、最近twitterで非常に興味深いコンテンツを作り続けている人を見つけた。

http://segsyoxafu.seesaa.net/

なんでも字音仮名遣と上代特殊仮名遣を駆使して、同字による衝突を最小限にして
ローマ字入力の効率化を目指すローマ字表記法らしい。
このローマ字表記で「正書法」を書くと「segsyoxafu」になるとのこと。

字音仮名遣と上代特殊仮名遣。このキーワードにときめきを感じる濃いマニアは
俺以外にも日本中に数名いるはず。
どこかに活用してみたい。

何かに使えないか・・・と色々調べてみたところ、
何でもこのsegsyoxafuを使ったSKK辞書を準備中だとか。
SKK is 何。emacsで使えるかな変換方法だと。何、それならxyzzyでも使えるんじゃないか。
使ってみたい・・・
ということで、これからSKKの使い方を調べてみよう。



まずssk-modeのインストール

xyzzyにsskをインストールするところからはじめてみる
skkをダウンロードする

インストールすると\site-lisp\skkフォルダ配下にreadme.txtファイルが出来るんで、それを読んで見る、と・・・
.xyzzyかsiteinit.lにこんな感じに書けばいいらしい

(require "skk/autoloads")
(setq skk:*skk-large-jisyo* "{辞書ファイルのパス}")
(global-set-key {skkモードのキーバインド} 'skk:skk-mode)
(global-set-key {skkフィルモード(is何?)のキーバインド} 'skk:skk-auto-fill-mode)
だ、そうな。まずは辞書ファイルを入手せないかんらしい。readme見ると
ここからダウンロードできる。
一般的なパソコンならSKK-JISYO.Lをダウンロードすればいいらしい。

あとはキーバインドなんだけど、色々いじってみた末、CtrlとCAPSを交換した俺の日本語キーボードで使いやすいのはC+;であることがわかった。
ゆえにsiteinit.lはこのようになる

(require "skk/autoloads")
(setq skk:*skk-large-jisyo* (concat (si:system-root) "site-lisp/skk/SKK-JISYO.L"))
(global-set-key #\C-\; 'skk:skk-mode)
(global-set-key #\M-X-\; 'skk:skk-auto-fill-mode)

使ってみて

Enterを押さずにダイレクトにカナが打てる感覚がスゴい・・・!
これ、使いこなせたらかっこいいんだろうなあ。
と、思うんだけど、あまりにも今までの操作性と違うのでまだ慣れない
Shift多用するのも結構つらくて、これはSandS(スペース押しながらほかキー押すとShift扱いになるやつ)が捗るのもわかるわ。
もう少ししたらなれるかも。

Segsyoxafuは?

そうだ、最初の目的、Segsyoxafuの使い方なんだけど
実は辞書がどこに公開されてるのかわからない・・・
まだ作成中なのかな。はやく公開されるといいなー。
上代特殊仮名遣のマニアック知識をはやく実用したい。。。
posted by LoyalTouch at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クライアントサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック