2017年07月14日

docker,ubuntu…どんどんLinuxになっていくwindows

最近windows storeでubuntuがでたことが話題になりました
これcygwinと何が違うの?って思ってスルーしようと思ったんだけど
もちょっとまえにdocker for windowsが出たこともあって、
windows環境でどんどんLinuxっぽいことができるようになったことをどう活かすか、
少し考えてみようと思った。



環境をもっとポータブルに?

今まで俺のPC環境って、最低限のものをインストールしてあとは自前のインストール不要ポータブル環境自作って感じでやってきた
最低限のものってこれ
  • google ime
  • google drive
  • java
  • dropbox
普段使うソフトってもっとこんな感じなんだけど
  • xyzzy
  • firefox
  • git
  • jruby
  • nodejs
  • keepass
  • lightscreen
  • lhaforge
  • launchy
  • cmder
こういうのは全部D:\binみたいなフォルダに放り込んで、PCお引越ししてもすぐに使えるようにしてる
ただ、使ってるソフトの大半はlinuxでも使えるんじゃないの?特にxyzzy+cmder+jruby or nodejs or git環境みたいなやつ
ならポータブル環境に自作linuxを置いといて、PCお引っ越し時にはubuntu(windows store)だけインストールしときゃ
簡単引っ越し環境完了、すげえ楽!しかも俺linux使い!

あ、でもvisualstudioとunityはwindowsほしいな(まだ本格的にはいじってません)

サーバ環境をwindowsに再構築

数年前に買った鼻毛鯖にdockerを入れて、redmineやらresililo syncやらいろんなものを常時立ち上げております
ただサーバは部屋の奥地にどーんと埋蔵されており、この数日部屋も熱くなりがちで熱暴走が心配…
夏だけdockerを自分のノートPCのwindows環境においておけば涼しくて楽なんじゃね?

現にdocker for windowsインストールして使ってみると、あれあれubuntuにインストールするときより楽に導入できたぞ
これすげえじゃん。とりあえずhello worldとubuntu:latest使ってみたけどスピードに遜色なかったし。
家の中で物理環境を軽々と超える、これが仮想化のいいとこだよな
今度redmineやらjenkinsやらをubuntu上とwindows上で行ったり来たりさせてみて、遊んでみよう

そんな楽しいubuntu windows store、使ってみよう

使って見れない(泣)
「なお、現在のところ「Windows 10 Insider Preview Build 16215」以降を搭載したPCでのみ利用可能です。」だって。
なんかよくわからんけど、windows updateできちんとしたbuild 16215が出てからインストールしようっと

雑感

扱ってるサーバー環境といい、普段のポータブルPC開発環境といい、
半端にlinuxに憧れるwindows使いだったんだな
システムの思想や道具のミーハーさはlinuxの方に向いてるんだけど、
実用でwindowsから離れられないという。わりとありがち。
posted by LoyalTouch at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック