2017年07月28日

スティック型PC使えそう

最近東京の自宅と札幌の実家を往復することが多くなった。
暇な時間にお絵かきしたりプログラミングしたりするのに、PCはあったほうがいいんだけど
飛行機にのるのに常にノートPC持ち歩くのが少々しんどくなってきたんだよね。
ツイッターやゲームくらいならスマホでできるし。

これがYoutube見るだけ、とかAmazon PrimeVideo見るだけなら
ChromeCastなりFireStickなり、HDMIにつなげる小さなデバイス持ち歩くだけでいいのに…
と考えた結果、いいのがあったんですよ


いわゆるスティック型PCと呼ばれている製品群。
2〜3万くらいで手に入るので、ちょっと買ってみてセットアップしたんだけど
なかなか結構使えますね。
いつもの環境を整えるのに何をやったかと、使い勝手を書きます



持ち運び楽

最大の利点はこれだよね。ノートだとどれだけ軽くても0.8kg、B5サイズはとるけど
こいつは100gもないんじゃない?大きさも握って少しはみ出る程度。筆箱サイズだ。

どうせ実家を母艦とするので、キーボードとマウスは置いてきっぱなしだし部屋には使わなくなったテレビいくらでもあるし。

セットアップも大して苦労しない

さて、こういうシチュエーションも考慮して、私普段からなるべくインストール不要、
ポータブル環境の構築を意識しております。

新しいPCがやってきたら、ポータブル環境がインストールされたフォルダをまるごとコピーするのみ。
これで最低テキストエディタxyzzy、ブラウザfirefox、git、お絵かきのgimpなどのいつものセットが手に入る。
これだけあればwebゲームプログラミングは一通り問題ない。

その他凝ったゲームやツール開発したい場合、JDKは必須。これはインストールする。
あとgoogle IME。これでカスタマイズしたIMEがないと俺のストレスがマッハになるし。
そしてdropbox、google drive、resilio syncなど、各種同期ソフトを入れておいて
パスワードリマインダーkeepassのDBを取得。こいつさえあれば、普段使いのどのサイトにも入れる

なるべくクラウドを活用しよう

あとはlinuxで遊びたい場合どうするか。
スティックPCのSSD60GBは仮想マシンを入れる余裕は流石にない。

ここはAWSかさくらのクラウドに契約して、サーバーは自前では持たないようにするかな〜
マシン買ってバックアップ気にして電気代払うよりマシでしょ!
よし、今後はクラウドIaasについて調べてみよう
posted by LoyalTouch at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック