2017年08月11日

人喰いの大鷲トリコ 2周目感想

人喰いの大鷲トリコ、2周目やっております。
1周目ではとにかくクリアすることばっかりで全体の流れ見えなかったんだけど
2周目ではあー、ここにたどり着いてからここに行くのかみたいな
ステージ全体構成が見えてきて色々面白いね
特にトリコ、2度3度と高くに登っては落とされるみたいなのを繰り返すので、思わぬ伏線が
人喰いの大鷲トリコ、2周目やっております。
1周目ではとにかくクリアすることばっかりで全体の流れ見えなかったんだけど
2周目ではあー、ここにたどり着いてからここに行くのかみたいな
ステージ全体構成が見えてきて色々面白いね
特にトリコ、2度3度と高くに登っては落とされるみたいなのを繰り返すので、思わぬ伏線が意識できる

飽きさせない工夫

前回感想のときも言ったかもしれないけど、トリコのゲーム性はワンダよりもICOより。あんまりできるアクションは多くない。
いや、ICOのときより直接攻撃出来ない分アクションがより少なくなっている。
せいぜいジャンプ、スイッチ操作、トリコを操作する程度。
たったそれだけのことなのにステージのバリエーションがすごい

特に戦闘はいかにトリコをステージ上で自由にさせるか=トリコに自動的に敵を倒してもらうかなので
  • トリコが扉の向こうにいてこっちにこれない
  • トリコが尻尾を挟まれて動けない
  • トリコの苦手な目玉マークのガラスがあって動けない
などなど、トリコの制約を解除するようなパズルが様々に仕掛けられている
posted by LoyalTouch at 13:50| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: