2008年01月15日

玄箱PROのDebian化メモ

久々に玄箱PROいじってた。ちょっと昔にシリアルコンソールつけてからというもの、一切さわっていなかったんだけど、前代の玄箱ノーマルと同じようにDebian化+wizdインストールして使用できる環境にするのだ〜
 参考にしたのは↓

http://www.ellinikonblue.com/PukiWiki/index.php?Debian%20%B8%BC%C8%A2%20Pro%20%A4%CB%A4%B9%A4%EB

sushi-k 日誌 2

↑で手に入る玄箱PRODebian化キットをmtd deviceフォルダにコピー
以下のハードディスクおよびU-boot(windowsのboot.iniみたいなもん?)初期化指定ファイルを配置してリセットボタン長押しで自動Debian化開始!

  • ChangeMeDevHDD
  • ChangeMyUbootEnv

できない・・・

と思ったんだけど、なんかエラーランプが点滅して開始しません。おかしいな・・・と思って別のページを確認してみると(太字は引用者が付加)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070715/277557/?P=4

このハードディスクがまっさらな状態である事は重要なポイントだ。パーティション情報があるとインストールに失敗してしまい,直すのに手間がかかる。
[...中略...]
多くの場合,玄箱PROにHDDを組み込んでマニュアル通りに設定を進めてくると,本体背面にあるRESETボタンを長押しすることで内蔵HDDは1パー
ティションに区切られて
,XFSでフォーマットされた後に/mnt/disk1にマウントされ,Samba経由で「share」共有として公開される。
[...中略...]
この問題を回避するためには,Debian化の作業を始める前に,/dev/sda1をアンマウントし,上記ddコマンドでハードディスクのパーティションテーブル(MBR部分)をゼロでつぶしておく必要があるわけだ。
ああ、そうそう、やったよ俺この作業。見事に俺のHDDはパーティション分割されていたんで、Debian化できなかったんだ!!

ちょっとした罠だったぜ。この後上記リンクにしたがってパーティションを削除し、無事Debian化は完了した。その後

  • netselect
  • netselect-apt
  • ntpd
  • ProFtpd
  • smb
  • webmin(ヘタレな俺仕様)

のソフトをapt-getでゲットして、お気に入りの環境を作成完了。あ、webminだけはなぜかapt-getで手に入らなかったんで普通にダウンロードしたけど。

さて問題はあとwizdだけだ。これをインストールすればLinkTheaterとつなげてメディアプレイヤー環境のできあがり!なんだけど

バイナリどこにある?

世の中には玄箱および玄箱HG用のwizdバイナリはあるけど、どうも玄箱PRO用のwizdバイナリはないっぽい。前者はPowerPC、後者はARMとCPUアーキテクチャがまるで違うため、同じバイナリ持っていってもおそらく動かない。
じゃあどうする?ソースからコンパイルするのが一般的か?

うっわめんどくせ・・・世の中玄箱PROでwizd使ってる人いっぱいいるんじゃないの?誰か公開してない?と考え、検索しまくる日々であった。

コンパイルかなぁ・・・?
posted by LoyalTouch at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック